健康保険の住所変更とは

国民健康保険についても、恐らく殆どの人が引っ越しの際には、住所変更の手続きを行う必要があります。
国民健康保険の保険証を持っている人と言うのは、必ず住所変更を行う必要があります。
ですから、引っ越しが決まった時には、あらかじめ用意しておくことですね。
手続き自体は、簡単です。
ですから、早めに済ませておきましょう。
健康保険の住所変更手続きに必要なものは、引っ越し先で異なります。
<同一市町村への引っ越しの場合>※健康保険証、身分証明書、印鑑のみ必要です。
その一方で、<別の市町村へ移った場合>上記に加えて転出証明書が必要です。
<同一市町村への引っ越した場合の手続>住所変更の手続きはシンプルなものとなります。
引っ越し前に手続きを行う必要はありませんよ。
また、住民票の変更手続きにおいても、同一市町村か否かで変わります。
<同一市町村の場合>転居届のみの手続きとなります。
※印鑑、身分証明書、国民健康保険証、印鑑登録証、住基カードの3つの中で所持している物のみを持参します。
市町村役場を訪れてからそこで手続きを行います。
この際に、国民健康保険の住所変更も同時に行うことになります。
(笑顔)その一方で、<別の市町村へ移動する場合>まず、住民票の移動手続きが「転出届」と「転居届」の二つとも必要です。
手続きを行う場所も、引っ越し前の市町村役場と、引っ越し先の役場になります。
健康保険の住所変更手続きも、その両方で必要と言うことです。
引っ越し前の役場に健康保険証を返納します。
そして、引っ越し先で新しい保険証を受け取ることになります。
医療保険は必要ない?健康保険との違い!【国の保障だけでOK?】